平成31年 年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 本年も昨年と同様倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 平成31年、平成最後の新年を迎えました。この一年どの様な年になって行くのでしょうか。 経営を取り巻く様々な難問が山積しています。頻発する自然災害への対応や米国と中国の経済摩擦の影響、人手不足や消費税増税が消費に与える影響等々枚挙に暇がありません。こうした影響を完全にコントロールすることは出来ませんが、事前の準備や心構えである程度影響を減殺することは可能です 私達は、自然災害への対応としてBCP(事業継続計画)の策定、人手不足への対応としてアウトソーシング業務受託そして経営コンサルティング業務を通じて多様な経営課題の解決をご支援することができます。私達は、外部パートナーとして皆様を力強く支えたいと願っています。 増加するインバウンドや改元がもたらす好影響、地元カープの4連覇へのチャレンジが創出する消費増効果等々明るい要素も多くあります。課題に対し積極的に取り組むことこそが新たな時代を切り拓く原動力となるはずです。大きな飛躍を目指して邁進して行きましょう。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 平成31年1月1日 株式会社Gサポート 代表取締役 黒 園  宏

【Gサポート日記】平成31年度予算案等が閣議決定されました

去る平成30年12月21日、経済産業分野における平成31年度予算案及び平成30年度第2次補正予算が閣議決定しました。平成 31 年度当初予算案は全体で合計約 1.2 兆円、また、平成 30 年度第2次補正予算案についても国土強靭化関連、中小企業対策等で合計約 2,800 億円を計上しています。 予算内容の全体的な印象では、次のテーマが重点的に取り上げられているようです。 1.AIやロボット等の利活用による生産性向上 2.日本の優れた技術・ノウハウの輸出促進 3.地域を牽引する企業による未来投資の促進、支援体制強化 4.海外人材の活用を含む地方中小企業等の人手不足対応の強化 5.M&A 等も含めた事業承継の促進。 6.生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の支援 7.消費税軽減税率制度を円滑に実施するため、中小企業・小規模事業者等による複数税率対応レジの導入、電子的受発注システムや請求書管理システムの改修・導入等を支援 このうち中小企業に対する補助金に関して、代表的には次の事業が予定されています。 (1)中小企業生産性革命推進事業 1,100.0 億円 ①中小企業・小規模事業者等が、認定支援機関と連携して、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援。 ②小規模事業者が商工会・商工会議所と一体となって取り組む販路開拓や生産性向上の取組等を支援。 ③中小企業・小規模事業者等が、生産性向上に資する IT ツールを導入するための投資を支援。また、IT ツール及びその提供事業者の成果を

【Gサポート日記】“戦略”と“組織”に関係する議論について①

「組織は戦略に従う」・・チャンドラー氏の言葉です。マネジメントの権威であるドラッカー博士もこの考えに賛意を示すとともに、次のような言葉を自著“マネジメント”の中で紡がれています。「組織構造は組織が目的を達成するための手段である。組織構造に取り組むには目的と戦略から入らなければならない。これこそ組織構造についてのもっとも実りある洞察である」 他方、マトリクス理論等で有名な、アンゾフ博士はチャンドラー博士の理論を十二分に理解した上で、次のようなユニークなコンセプトを提唱されました。・・「戦略は組織に従う」 「組織は戦略に従う」「戦略は組織に従う」・・言葉だけを並べれば互いに相反する、真逆の意味の言葉に映るかもしれませんが、双方の言葉で使われている“組織”という言葉の意味が異なっているということは、恐らく多くの皆様はお分かりのことかと思います。 (村田 有久)

【Gサポート日記】災害対応事業継続計画

事業継続計画「BCP(BUSINESS CONTINUITY PLAN)」という言葉を聞いたことがありますか? 事業継続計画とは、予期せぬ災害が発生したとき、人的物的被害を最小限に抑えるため災害の程度を予め想定して、事業の継続や復旧を図るための計画をいいます。対応策を事前に検討しておくことで、災害が発生した際に生ずる混乱や人的被害を軽減し、重要な事業を早期に回復させることが可能となるものです。 弊社は、BCP策定を支援していますが、昨今の自然災害が頻発する状況を踏まえて、まずは自らのBCPを策定すべきとして、現在事業継続計画の策定に取り組んでいます。 予想ダメージの大きさと無防備さに愕然とする状況からスタートしたのですが、従業員の安全確保と重要な事業の早期再開を冷静に想定しておくことの重要さを改めて認識している次第です。 これからの事業には必須の計画です。 平成30年12月10日 株式会社Gサポート 代表取締役 黒 園  宏

【Gサポート日記】整理・整頓

今年も終わりが近づき、年末には大掃除をされる企業様が多いと思います。普段は掃除が行き届かないところを綺麗にしたり、不要な物を捨てたりと様々な大掃除をされると思いますが、今年の大掃除は、ぜひ「いらない物を捨てる」ということを行ってみて下さい。 「いらない物なんてない」「また使うかもしれない」と考えてしまい、なかなか捨てられないというケースが多いですが、そういう場合は使用頻度で区切って考えてみましょう。例えば、今年1度も使用しなかった物や資料は捨てるなどです。 物が存在するだけで、悪影響が出る場合があります。 探し物をする時に、探さないといけない場所が多くもなりますし、いらない資料が目につくだけで、「これなんだっけ」と考えてしまうムダな時間が発生してしまいます。 整理・整頓を心がけることで、よりスピーディな業務を目指しましょう。 (岡田 積善)

トピックス

​Achieve

Search By Tags
Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Basic Square