【Gサポート日記】2020年 個人情報保護法の改正動向

個人情報保護法は、3年ごとに見直しを行うこととされており、来年2020年が前回改正から3年目に当たります。現在、制度改正大綱(骨子)が発表されており、改正に向けた動きが確認できます。現在はまだまだ検討中の段階ですが、もしもこのままの方向で改正された場合、事業者として対応が必要と思われるものは以下のとおりです。 1.保有個人データに関する公表事項の充実 個人情報の取扱体制や講じている措置の内容、保有個人データの処理の方法等の本人に説明すべき事項を、法に基づく公表事項(政令事項)として追加されます。どのような事項を公表しなければならなくなるのかが気になります。 2.漏えい等報告及び本人通知の義務化 一定数以上の個人データ漏えい等、一定の類型に該当する場合、速やかに個人情報保護委員会への報告と本人への通知を行うことが義務付けられます。この一定数が何件なのか、一定の類型がどのようなものかとても気になります。 3.利用の停止、消去、第三者提供の停止の請求に係る要件の緩和 本人より、保有個人データの利用停止等の請求、第三者提供の停止の請求をできる要件が緩和されます。社内外に対し、現行法に沿って本人からの請求を受け付ける要件を限定的に規定されている場合は、見直しが必要となります。 4.開示のデジタル化の推進 本人から個人情報の開示等の求めを行う場合、電磁的記録の提供を含めその開示方法を本人が指定できるようにする方向が出されています。社内外に対し開示方法を限定的に規定されている場合は、見直しが必要となるでしょう。 5.開示等の対象となる保有個人データの範囲の拡大 現行法では、6か月間以内で消去

【Gサポート日記】“Bs”“Cs”(ビーズ・シーズ)フィードバック

“Bs”とは“Benefits”即ち、「良い点」「優れている点」。一方“Cs”とは“Concerns”即ち、「気にかかる点」「直ればもっと良くなる点」 「フィードバックの際は必ず“Bs”を先に伝え、その上で“Cs”を伝えること」 「“Bs”“Cs”いずれも情緒的な評価ではなく、実際に相手が取ったFACT(事実)に基づいた評価を行う事」 「必ず“Bs”の方が“Cs”より一つでも多くなるよう意識し、しかも対象者の頭の中に鮮明に残るようフィードバックを行う事(=良かった点は4点、直ればもっと良くなる点は3点etc)」 当然のように感じられるポイント。でも、日々の自らを振り返った際、「案外、出来ていないかも」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? “伝える(=発信・自分視点)”ことと“伝わる(=着信・相手視点)”ことは、必ずしも相対している訳ではありません。たまには自らの言動を冷静に分析して振り返ってみましょう。 (村田 有久)

【Gサポート日記】働き方改革と最低賃金

働き方改革を進める上で前提条件となるのが生産性向上です。企業は労働時間削減という制約の中であっても一定の利益を確保しなければ、拡大再生産は不可能です。 企業永続の源泉は付加価値であり、付加価値最大化の取り組みこそが生産性向上の活動ということになります。 付加価値とは、売上高から仕入や外注費などの変動コストを控除したもの、言い換えれば人件費や家賃などの固定費を賄うための利益です。 売上高の最大化又は変動費の最小化で付加価値は大きくなりますが、近年、逆のアプローチが提唱され始めています。それは、人件費すなわち最低賃金を引き上げることで人件費他の固定費を賄うために必要な付加価値を最大化しようとする考え方です。賃金を増加させることで個人消費、GDPの増加へと繋げる考え方です。 生産コストの改善にはRPAやOCRなどを用いた「カイゼン」が有効ですが、賃金を上げるためには売上高の最大化、すなわち新規の付加価値事業を生み出すことが重要ではないでしょうか。 令和元年12月9日 株式会社Gサポート 代表取締役 黒 園  宏

【Gサポート日記】2019年の変化

12月になり、今年も残り1ヶ月を切りました。少し早いかもしれませんが、今年1年を振り返ってみたいと思います。 今年は色々な出来事がありました。 まずは元号の変更です。普段の生活には大きな変化はもたらしませんが、付随する行事などや祝日の影響は皆さんにもあったかもしれません。業務上においてはシステムや帳票の新元号対応でバタバタされた方もいらっしゃるでしょう。 また、消費税増税も今年の大きな変化と言えるでしょう。前回の増税時より景気への大きな影響はないようですが、軽減税率による事務処理方法の変化やキャッシュレス消費者還元事業による決済方法の変化に時間をとられた企業様も少なくありません。 その他にも様々な良いニュース、悪いニュースがありましたが、大切なことはそれにより外部環境が少しずつ変化をし始め、我々もそれに合わせて柔軟に変化をしていかないといけないということです。変化はリスクと捉えられがちですが、チャンスでもあります。 自分も含めた周辺の変化に気づくためにも、皆さんもそういった視点で今年1年を振り返ってみましょう。 (岡田 積善)

トピックス

​Achieve

Search By Tags
Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Basic Square