​国内最安級の国産RPA

「大衆普及型」RPA のご紹介

 

RPA(Robotic Process Automation)とは、

バックオフィスにおけるホワイトカラー業務など、これまで人が手作業で行ってきた仕事を、ロボットに代行してもらうことにより、業務の大部分における自動化や効率化を図る取り組みを指す言葉です。

何ができる?

デスクトップ上で人が行うキーボード・マウス操作を、

ロボットが代替して自動実行してもらいます

どのように?

デスクトップ上で人が行う操作の手順を、ロボットに教えます

​      

ロボットの得意な業務

ある一定のルールがある定型業務

「ルールと手順がしっかり決められた定型処理作業」はRPAが最も得意とするものの一つ。RPA化によって業務の所要時間の大幅な短縮と生産性の向上が見込める。

大量データを扱うのに時間を要する業務

データ情報収集や解析などの大量データを扱うのに時間を要する作業をRPAによって自動化することで、業務処理スピード精度という点で大きな改善が期待できる。

           

            

            

           

                                                        

特長 1

特長 2

特長 3

一般的なRPAとの違い

CELF RPA 活用のシーン

CELF RPA オプション の特徴

↑RPAを動画で解説

業務

Before

After

毎月、契約管理のリストから、保守契約更新時期に数百件の見積書を基幹システムに手作業で登録して作成。

ロボットに左記転記作業をすべて自動化

大量見積書の作成

各部署からの新規取引先マスタ登録申請を目検でチェックして、OKであれば基幹システムに転記、NGであれば再度現場へ修正依頼。

CELFで入力チェック及びデータ一元化。基幹システムへの転記はRPA自動化

取引先マスタの登録

FAX受注が多く入力業務に問題をかかえていた生産財メーカーは、FAX注文書を文字認識する方法で改善を進めたのではなく、確実にデータ処理を実現するため、取引先に対しEXCELシートに注文数量を記入するよう依頼し、Eメールで受け取るように受注処理の方法を変更した。

Eメールの受信、添付ファイルからデータの抽出、データ変換、基幹システムへの連携まで、一連のプロセスを確実に自動化

受注登録

毎日、部下の勤怠を確認して適切な労務状態かをチェック。(不正なサービス残業有無など)また、日々多いとチェックが疎かに。

RPAにて勤怠システムからデータを取得し、CELFにていくつかのチェック処理をさせて不正を検出。

管理職の勤怠チェック

今まで手作業で取得した生データから月に1回、分析用の資料をExcelで作成。

ロボ自動作成させることで、毎週、もしくは毎日レポートを作成してリアルタイムな分析を実現

レポート分析

一般のRPA

CELF RPAオプション

自動化により、数百万円以上の業務改善効果を見込める複雑な業務の改善。

対象業務

各個人の単純な個別業務を自動化。大勢の人が各個別の業務を改善。

高いITスキルが必要

利用スキル

簡単に習得

数十万円~数千万円/年

価格(1端末)

35,000円/年

※ただし、CELF本体の購入は別途必要と

 なります。

システム開発機能とRPAが融合した唯一のツール。

業務効率化が1つのツールで実現可能!

Gサポートが導入をお手伝い!

安心してご利用いただけます!

難しい知識を必要とせず、

お客様が自分で作って、保守もできる

大衆普及型」のRPAエンジン

自分自身の業務をロボに教えて

Gサポート CELF RPA 導入をサポート!

安心してご利用いただけます!

RPAオプションは1台あたり年間35,000円でご提供。

企業規模・業種業態を問わず多くの方にご利用いただけます。

特定部門のみでなく各個人の様々な個別業務の自動化に適用が可能です。

※ただし、CELF本体の購入は別途必要となります。

EXCEL知識でカンタンに業務アプリがつくれる  CELF 

→ 詳しくはこちら

30日間の「無料トライアル」はこちら!

​↓