【コンサルティング】「GLOBALG.A.P(農業の適正な実践)認証」

2017/10/16

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の農産物調達基準では、GLOBALG.A.P等の国際水準のGAP認証取得が必要要件をとして挙げられています。政府与党は、日本の食のすばらしさを世界に発信していくまたとない機会と捉え、これまで普及が進んでこなかったGAPの普及・拡大と国際水準レベルの第三者認証GAPの認証取得を支援する政策を打ち出しています。

 

 GAP(ギャップ)とは、Good(適正な)Agricultural(農業の)Practice(実践)のことです。GLOBALG.A.P認証とは、それを証明する国際基準の仕組みを指します。現在120か国以上に普及し、事実上の国際標準となっており、欧州をはじめとする世界各国の大手小売業者が、GLOBALG.A.P認証を取得した生産者からの仕入を優先させています。

 

 Gサポートは、かねてよりISO22000等の食品安全認証の支援を行っておりますが、今後の食品安全のご支援の一環としてGLOBALG.A.P認証取得支援をスタートすべく準備を進めております。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload