「教えることは学ぶことの近道」

2016/11/02

 効果的な人材育成は全ての企業にとって最重要なテーマの一つです。
有意義な社員研修の計画に頭を悩ませる社員研修担当者も多いと思います。では、人はどんなタイミングで最も多くを学ぶのでしょうか。
  その答えの一つが「教えること」です。
 人は、他の誰かに教える必要に迫られたときほど真剣に学ぶことはありません。教えるためには、当然のことですがその分野についての正しい知識をインプットしておく必要があります。しかも、相手が既に知っていることではなく、知らないことを含めて知識を吸収しておくことが求められます。今まで触れたことのない分野でればなおさら大変です。
 次に教えることを前提として、既に知っていることや新たに吸収したことを整理しなおす(体系立てる)必要があります。相手はどこが分かりにくいのかを想像しながら整理することで、知識体系を網羅することができます。
 教える過程は、自分自身が学ぶ過程です。社員には「学ぶ機会」と同時に「教える機会」を是非設定して頂きたいと思います。

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload