【Gサポート日記】感情の伝染

2018/01/22

 人間の脳内にはミラーニューロンという神経細胞が存在します。この神経細胞は、周囲の感情に反応して同調する働きがあります。この働きによって、共感や感情移入が生まれます。誰かが笑っているのを見ると自分も笑いたくなる、誰かが緊張しているのを見ると自分も緊張するという現象はその一例でしょう。

 

 このミラーニューロンの作用はビジネスの場面にも大きく関係があります。上司がピリピリした表情で部屋に入ってくると、その部屋にいるメンバー全員に緊張が走ります。逆に、上司の表情が和やかだとその部屋にいるメンバーはリラックスして仕事に臨むことができます。このように、上司の感情は部下の感情に大きく影響するため、上司は自分の感情のあり方を意識する必要があります。

 

 特に注意すべきは「怒り」の感情です。相手の表情や言葉のニュアンスから無意識的に怒りの感情を読み取ると、人は自然とその怒りに同調してしまいます。結果、相手が感情的になると、つられて自分も感情的になりやすくなってしまいます。

 そのため、相手が感情的になっていると感じた際には、努めて自らの感情を冷静に観察することで、後悔するような展開になることを防げる確率が高まります。逆の立場でも同様です。

 

 このように、人は無意識的に互いの感情に同調しようとします。これを頭に入れておくことで、多くの場面で人間関係に良い効果をもたらすでしょう。

 

岡田 積善

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload