【Gサポート日記】新人や若手を育てる姿勢

2019/06/24

 セパ交流戦に入ってからの広島カープは、どうもスランプに陥っているようです。先日のオリックスとの試合でも、終盤までリードしながら、最後は新人のエラーを引き金に痛打を浴び、負けてしまいました。何とも後味の悪い試合でしたが、試合後の監督のインタビューに少しだけ救われる思いがしました。監督は敗戦につながった新人のエラーについてこのように話しました。「昨日も言ったように、いろいろ経験してもらいながら彼には成長していってもらう。その中で今日の負けは、いい采配をできなかった自分の責任だ。」

 

 厳しいチーム事情の中ですが、業績(勝利)を上げることと同時に新人の育成に腰を据えて取り組んでいる姿が目に浮かびました。一方ある球団の監督は、敗戦後のインタビューでこのように話していました。守りきれなかったピッチャーに対して「ストライクを取ることに一生懸命になっちゃうというのは、ピッチャーとして戦う以前の問題だよね。」何とも他人事のように聞こえるこの言葉は、よくある会社のシーンに置き換えると「アポを取ることに一生懸命になっちゃうというのは、営業マンとして戦う以前の問題だよね。」のようになります。

 

 新入社員、あるいは若手社員が仕事でミスをしたことで損害を被った場合、管理者の皆さんは対外的にどのように説明されているでしょうか? 新人や若手の育成に腰を据えて取り組んでいきたいものですね。

 

(添嶋真人)

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload