Recent Posts

【Gサポート日記】世界の定年年齢

 昨日17日は敬老の日でした。

 日本では平均寿命の伸長に伴い、元気なシニア層の活躍が目立つ一方で、年金や介護保険制度に関する心配も多く語られ、「高齢者」の定義の見直しの提言があったことも記憶に新しいところです。

 日本が長寿大国であることは常識となっており、定年延長も当たり前となってきていますが、世界の人々は、何歳くらいまで働いているのでしょうか。

 アメリカやイギリスでは、一部の職種を除き定年制自体が撤廃されているそうです。ドイツは、年金の支給開始年齢が段階的に67歳まで引き上げられており、オーストラリアではすでに70歳とされています。アジア諸国の定年の幅は大きいようですが、特に高齢化が問題になっていないフィリピンの定年は65歳とのこと。

 定年の時期だけ見ると、日本は特に「働き過ぎ」という状況でもないようです。生涯いきいきと活動できるよう、長い目での人生設計をしていきたいものです。

(今村 唯)

Archive
Search By Tags