【Gサポート日記】成功する(成長する)人・しない人の差について

2018/06/25

 自分で自ら起業し、その後成功された某社長が一言、

「自分は人と比べて何か自分自身に秀でた才能が備わっているか?と自らを振り返ってみても、そんなものは決してない、ということは十二分に分かっていました。」

「そこで、じゃあどうするか?と考えた時、“能力の無さを圧倒的な考動量でカバーする”事しか思いつかなかったんです。だから24時間、可能な限り“考動”、特に“動”の部分を意識して働きました。」

「振り返って思うんですが、“成功する為に”とか“成長する為に”とか、色々な理論が叫ばれていますが、結局は“考動量を増やす”ことしかないように思うんですけどどうですかね?最終的に“動かない”人って多いじゃないですか。“動けない”と言う人も多いですが、そうじゃなく、“動かない”んですよね。それじゃ何も変わらないし、変えられないと思うんですよ。だって、“動かない”んですもん。」

 

(村田 有久)

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload