【アウトソーシング】2種類のアウトソーシング

2018/06/11

 アウトソーシングをご依頼いただくにあたって、大きく2種類の理由でご依頼をいただきます。

 

 1つは、「コア業務に集中するために、それ以外の業務を可能な限り外部委託したい」というものです。自社業務拡大の際に、従業員も増加するため、それに付随する総務経理業務の量が大きくなるということでアウトソーシングをご活用いただいているお客様もいらっしゃいます。総務経理事務員を増員するよりは、拡大する業務や既存のコア業務にその人員を配置した方が業績につながるとのご判断でした。

 現状のみに限らず、将来にも目を向けた経営判断の1つとしてアウトソーシングを導入いただいております。

 

 もう1つは、「急な退職(休職)で人手が足りなくて困っているので、外部委託でフォローしてもらいたい」というものです。急に退職者・休職者が出たからと言って、タイミングよくその後任を採用できるとは限りません。仮にできたとしても、能力的・人柄的に合わず、また後任を探さないといけないという話をよく耳にします。そういった企業様が、業務を外部委託してしまえば「人」に関する問題で頭を悩ませる必要がなくなるとご判断され、アウトソーシングのご活用に至っています。

 今、目の前にある障害を何とか乗り越えるための経営判断の1つとしてアウトソーシングを導入いただいております。

 

 このような2種類の経営判断の下、アウトソーシングをご活用されるに至る企業様がいらっしゃいますが、どちらの割合が多いと感じられるでしょうか。

 地域差等はあるとは思いますが、実感としては後者の方が多いように感じます。これまでの経験や、お聞かせいただいた話では、後者のように人手不足の対応を強いられた企業様は、これまでにも何度も同じような経験をされているようです。その都度、その障害を何とかして乗り切って来られたようですが、「早くアウトソーシングしておけばその時間とお金を違うことに使えた」と振り返ってくださいます。

 

 現在、人手不足にお困りの企業様や、今後困るのではないかという不安をお持ちの企業様、また、業績に繋がる業務に人員を充てたいとお考えの企業様は、ぜひともアウトソーシングをご検討ください。

 

■ アウトソーシング活用の流れ

 1.まずはお気軽にご連絡下さい。

 2.お仕事の現状やお困りごと等をヒアリングします。

 3.業務仕様とお見積書をもとに、詳細をお打合せします。

 4.アウトソーシングスタートです。

 

詳細はこちらから

 

Gサポート アウトソーシング事業部

TEL082-504-0303

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload