【アウトソーシング】アウトソーシングと人材派遣の違い

2018/05/29

中小企業の人手不足が年々深刻化しています。経済産業省の調査によりますと、29名以下の従業者規模の企業の従業員数はここ20年で約215万人減少しているようです。

 

募集してもなかなか人が集まらないというお悩みを抱えていらっしゃる企業様も多いのではないでしょうか。

そんな時にアウトソーシングや人材派遣の利用をご検討される企業様からご相談をよくお受けしますが、それぞれの特徴を理解する必要があります。

 

アウトソーシングと人材派遣の大きな違いの1つに、「業務指示」の有無があります。


人材派遣では、派遣されてくるスタッフの方に「この仕事をやってください」と、指示を出して仕事を行っていただきます。そのため、毎日や毎月の業務の手順を臨機応変に変える必要がある作業に、人材派遣は適していると言えます。

 

一方で、アウトソーシングは都度の細かなな業務指示はなく、契約当初の取り決めにしたがって作業を進めていきます。毎月定例的にほとんど同じ手順で行う業務に適していると言えます。

 


★Gサポートでは、人手不足にお悩みの企業様やコア業務に人材を集中させたい企業様を

 アウトソーシングでお手伝い致します。
 定例業務に発生するイレギュラーケースにも臨機応変に対応させていただいております。
 従業員様の負担を少しでも減らしたいとお考えの場合は、ぜひ1度ご相談ください。

 

詳細はこちらから

 

■ お問い合わせ先: Gサポート アウトソーシング部門 岡田
                 TEL082-504-0303

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload