【アウトソーシング】IoTを活用した会計システム

2018/02/06

 私どもは、アウトソーシングをご検討されている企業様から日々ご相談を頂いていますが、その内容は多くの場合、過重なマンパワーが必要となる作業についてのご相談です。そうしたご相談をお受けすると、まずは業務の流れをお聞きし、アウトソーシングすべき作業内容や作業範囲を決めていくのですが、その中で気付くことがあります。

 

 それは、現預金や借入金、発注、仕入れ、資金繰り、給与計算などの情報の流れをスムーズにつなげることの重要性です。

 情報の流れがスムーズにつながっていない場合、手作業での再入力や再加工などの重複作業が発生し、過重な作業になっていることが多いのです。

 

 情報の流れをスムーズにつなげるためには、IoT(※)を活用した会計システムの統合化が有効です。例えば、自社の業務に合った市販のソフトウェアを導入することで手作業を大幅に削減できる可能性があります。また、会計情報をインターネット経由でつなぐことにより、場所を選ばず作業を行うことが可能となります。

(※IoT:「Internet of Things」の頭文字を取ったもので、世の中の様々な「モノ」がインターネットに接続することによって制御できたり、情報が取得できたりする仕組みを指します。)

 

 私どもは、お客様からのアウトソーシングのご相談内容に応じて、最適なIoT会計システムのご提案、導入支援を行っています。詳しくはご相談下さい。

 

■ アウトソーシング活用の流れ

 1.まずはお気軽にご連絡下さい。

 2.お仕事の現状やお困りごと等をヒアリングします。

 3.業務仕様とお見積書をもとに、詳細をお打合せします。

 4.アウトソーシングスタートです。

 

詳細はこちらから

 

Gサポート アウトソーシング事業部

TEL082-504-0303

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload