【アウトソーシング】多忙時期の後方支援

2018/01/22

 多くの会社の総務部や経理部にとって、1月~3月は多忙な時期です。この時期は、年度末に向けて1年サイクルでの非定常的な事務処理が集中しやすいからです。こうした季節限定的な非定常的な作業は、普段から忙しい総務部や経理部の社員を直撃します。そして、この時期には毎年のように残業時間が大幅に増加する、などの問題がよく発生します。

 

 このように毎年定期的に発生する問題には、根本的な対策が必要です。

 

1.多忙期を乗り切るための短期スケジュールを策定し、関係者全員で共有する。

 (全員で共通の危機感を持ち一枚岩になる)

2.作業を煩雑にしている原因を特定し、仕事の仕組み(流れ)を変える。

 その作業は無くせないか、一緒にできないか、順番を変えられないか、簡単化できないか。

 (工程削減は事務業務にこそ必要)

3.作業を手順書にまとめ、新人であろうと誰でもできるように準備する。

 (多能工化し手待ち時間を減らす)

 

 こうして極力平常どおりの作業負荷で賄えるよう工夫することが先決です。それでもどうしても残る事務作業はアウトソーシングを活用することが有効です。短期的に少しコストはかかりますが、社員の疲弊による退職や追加の雇用を考えると長期的には経済的と言えます。

 

 Gサポートのアウトソーシング事業部はお陰様で多くのご支持を頂き、この春スタッフを増強し、更なる充実を図ります。皆様の身近な後方支援部隊としてご活用いただければ幸いです。

 

■ アウトソーシング活用の流れ

 1.まずはお気軽にご連絡下さい。

 2.お仕事の現状やお困りごと等をヒアリングします。

 3.業務仕様とお見積書をもとに、詳細をお打合せします。

 4.アウトソーシングスタートです。

 

詳細はこちらから

 

Gサポート アウトソーシング事業部

TEL082-504-0303

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload