【コンサルティング】年末に際して事業を振り返るためのポイント

2017/12/11

 早いものでもう12月の半ばです。皆様の今年1年はどんな年でしたか?大きな飛躍の年でしたか?それとも現状を維持されたでしょうか。もしかすると、厳しい現実に突き当たった方もおられるかもしれません。

 いずれにしても、この1年努力してきたことや、得られた成果、直面した現実は既に過ぎ去った過去です。変えることはできません。しかし、それらを振り返ることで、それらの持つ意味を変えることはできます。来年を更によい1年にできるよう、今年1年を振り返る時間を持ちたいものです。

 

1.思い描いた理想の姿はどうであったか

 「こうなりたい」という強い希望を持つほど、達成に向けたエネルギーが湧いてくるものです。しかし、理想は日常の中で妥協やあきらめに変わり、いつしか薄れていきます。現実は現実として、本当はどうなりたかったのか、振り返ってみましょう。

 

2.重要なことに注力できたか

 重要なことは、とかく日常の慌ただしさに流され、後回しになりがちです。特に、重要なことに時間が割けたか、資金が回せたか、人を充てられたかなど、ものごとの優先順位と資源配分について振り返ってみましょう。

 

3.成功したこと、失敗したこと

 この1年間で取り組んだことの中で、成功したこと、失敗したことはどんな意味をもつのでしょうか。大きな変革のヒントは、日常で体験した小さな成功や失敗の中にあります。成功パターンを増殖することで、より大きな成功を得られる可能性があります。反対に失敗体験によって明るみに出た潜在的な損失は、失敗原因を見つめることで改善するかもしれません。

 

4.何が望まれているか

 この1年間で、自身にとって大切なお客様からどんなフィードバックを受けたでしょうか。お客様との関係に特別な変化はなくても、直接に要求は受けなくても、現状の不足感や将来に向けての期待は、お客様の何気ない一言に隠れていることが多いものです。お客様からのフィードバック情報を振り返り、隠れた期待に応えることで、来年はもっとよい関係が築けることでしょう。

 

 Gサポートは、経営者様に寄り添い、企業の状況に応じた経営戦略や経営計画の策定・見直しを支援しています。

 まずは、経営者様の思いをお聞かせください。

 

Gサポート コンサルティング事業部

E-mail consult@godo.gr.jp

TEL 082-504-0303

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload