「部下の気持ちを理解しろ」は間違い?

2016/09/26

経営者が管理職に対し指導する際、「部下の気持ちをもっと考えろ!理解しろ!」と話をしています。これはこれで間違いではないと思いますが、とある経営者はこの指導に対し、次のようにお話をされていました。

「なぜ部下の気持ちが分からない!」と管理職を叱るのではなく、「なぜ上司の気持ちが分からない!」と部下をしかるべきだ。

正直「え?」と驚きますが、その経営者曰く、「部下が全員優秀な人間なら、部下の気持ちを考えろ!という指導は成り立つかもしれない。ただ、一般的にはあり得ないので、それよりも組織としては、部下に対し“上司に感情移入せよ”と指導をする方がはるかに効果が高い。その上司はさらにそのまた上の上司に感情移入する。そうしてどんどん上へあがって最後は社長に感情移入する。そして社長は“お客様”に感情移入する。」

何となく、言い得て妙だと思いませんか?

 

(村田 有久)

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload