組織の活性化

2016/08/22

組織を今以上に革新し活性化させるためには何が必要でしょうか?

私が重要だと思っている公式があります。と、あるコンサルタントから聞いた言葉ですが、その公式はR=f(Q,A)です。Rは結果(成果)Qは品質の高さ、Aは浸透度です。

 

日本語に訳して整理すると、“組織において求める成果を上げることができるかどうかは、Q課題解決のための方法論の質の高さと、Aそれが浸透するレベルに組織があるのか、その双方の要素の掛け算で決まる”というものです。とても大切なことだと思われませんか?

 

特に気になるのはAの部分です。

どんなに目標やそれを可能にする手段の質が高くても、組織がそれらを受容・浸透できる状態になければ、結果は絵に描いた餅で終わります。理念やアイデアがどんなに素晴らしくても残念ながら実現は難しいでしょう。個人的な経験ですが、AよりQに力点を置いている経営者が多いような気がします。自社の現状を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

 

 (村田 有久)

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload