【アウトソーシング】アウトソーシングによるリスク分散

2018/07/10

 社内の業務を管理していく上で、様々なリスク管理をされていると思いますが、「人」に関するリスク管理はどのようにされていらっしゃるでしょうか。

 

 ここで言う「人」に関するリスク管理とは、担当者が不在になるリスクを管理することを指します。

 

 これまで専任で作業を任せていた経理や総務の事務担当者が急にいなくなる。急な退職や休職などが主な対策すべき項目として挙げられますが、その理由になるであろう項目については数多くあります。

 仕事が合わないという個人的な理由で退職をされる方もいれば、家族の介護をしないといけない、出産を迎えると言った家庭の理由で退職・休職を余儀なくされる方もいらっしゃいます。担当者が急に病気にかかったり、怪我をしたりするということも考えられます。

 

 理由のすべてが予見できれば早めに防止策をとることは可能ですが、予見できることばかりではありませんので、急な退職や休職に備えることが必要です。

 これまでは、担当者を複数人配置することでそのリスクに対応できていました。ですが、人手不足が多くの業種で叫ばれる現在の状況で、そのリスク対応のためだけに余剰人員を配置することはなかなか現実的ではないかもしれません。

 

 そこで、多くの企業で選択されている方法がアウトソーシングで事務作業を外部委託するという方法です。これにより、社内の担当者が今日から来れないという状態になっても、外部にノウハウを置いてあるため対応には困りません。社内の担当者1人にリスクを集中させるのではなく、社外の信頼できるアウトソーサーを活用することで、リスクの分散が可能になります。

 

 担当者が1人しか配置されていない事務作業をお抱えの企業様は、ぜひお早目にアウトソーシングによる「人」のリスク管理をご検討ください。

 

■ アウトソーシング活用の流れ

 1.まずはお気軽にご連絡下さい。

 2.お仕事の現状やお困りごと等をヒアリングします。

 3.業務仕様とお見積書をもとに、詳細をお打合せします。

 4.アウトソーシングスタートです。

 

詳細はこちらから

 

Gサポート アウトソーシング事業部

TEL082-504-0303

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload