BCP ~事業継続計画~

Business Continuity Planning

1. 事業継続計画とは
 ​地震や洪水などの災害が起きた時、企業はどのような行動をとるべきでしょうか。
他にも、感染症の流行によりほとんどの従業員が出勤できなくなる、火災によりオフィスが使えないなど、事業が停止してしまうような事態が、もしかしたら明日発生するかもしれません。
 どんな時でもお客様の信頼を失墜させないこと、また、従業員やその家族の身の安全を確保することが企業が事業を存続させるためにとるべき行動です。
 
 いつ、そのような事態に陥っても対応できるように策定しておくものが、事業継続計画(Business  Continuity Planning)です。
2. 事業継続計画の策定
事業継続計画の作成に対し、ヒアリングから計画策定、従業員への周知、緊急時対応訓練の実施までご支援をさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください

ご支援の内容

Contents of Support

ヒアリング

事業内容のヒアリングをさせていただき、想定される緊急事態によりどのようなリスクがあり、それにどう対応していくかを検討していきます。

​本社や支店のある地域の特性や、インフラ整備の状態、従業員の居住エリアの分布などの情報も、災害発生時の対応に必要な情報となります。

事業継続計画の策定

想定された緊急事態に対し、被害を最小に抑え、事業を早期復旧させるために必要な行動を計画として策定します。

​有事の際に、「誰が」、「いつ」、「何を」しないといけないかを明確にし、全従業員に周知します。

事業継続計画の周知・訓練

策定された計画を全従業員に周知し、それぞれの役割を認識させます。

また、緊急事態が発生した時にそれぞれの役割がきちんと機能するように、

緊急事態対応訓練を実施します。

日頃の行動から、緊急事態を意識することで、いざという時の素早い判断・

​対応がとれるようになります。

事業継続計画の更新・改訂

事業の継続を脅かす緊急事態は常に一定ではありません。これまで想定されていなかった災害が発生したり、新たな感染症が流行したりします。

​そういった情報を収集し、事業継続計画を常に最新のものに維持することで、初めて災害による大きな被害を防ぐことが可能になります。