Recent Posts

H28.10.4 『アメーバ経営に学ぶ小規模組織による財務管理』を開催しました。

京セラ、KDDIを大会社に発展させ、JALを再建へと導いた経営手法「アメーバ経営」は、稲盛和夫京セラ名誉会長が京セラを経営する中で自らの経営 哲学を実現していくために創りだした経営手法です。稲盛名誉会長は「アメーバ経営」について以下のように述べています。「京セラ創業当時より、企業を長期的に発展させるためには、正しい「経営哲学」を確立し、それを全従業員と共有すること、また、組織の末端に至るまでの経営実態を正確かつタイムリーに把握する「管理会計制度」が必要であると感じていた。そのため、これらの確立に心血を注いできた。」 本講座は中小企業が「アメーバ経営」に取り組むための基本的な考え方をお伝えしました。

【講師】添嶋 真人 (株)Gサポート執行役員統括部長

【受講者のコメント】

・時間当たりの生産性を取り入れたい。経営哲学(理念)の重要性を再認識した。

・部門利益の考え方がわかった。

・アメーバー経営は製造業で非常に合理的なのは理解できた。全てを同化しては難しい部分もあると思うが、考え方を学び、実勢してみようと思いました。

・今日をきっかけに学んでみます。

・高い目標を持たせて取り組ませることについて、納得させることの必要性を強く感じたので、検討のうえ取り入れたい。

Archive
Search By Tags